FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
バレリーナに会いに
- 2007/06/04(Mon) -
 今、私の住んでいる街では市民芸術祭という催しが7月末まであちこちで行われています。

 日曜日は市の文化会館でバレエフェスティバルがありました。市内にあるバレエスクールなど4団体が集まって隔年で開かれているそうです。

 「入場無料」

 その文字に惹かれ、そして市の文化会館大ホールだったので「親子室があったかも・・・」と、気軽に子供2人を連れて出かけてみました。

 気軽さがあったのももちろんですが、バレエを見に行こうと思ったのはちぃが今ピアノで弾いている曲「バレリーナの悲しみ」、そのバレリーナに会いに行くためでした。

 「バレリーナってなんだか分かっているのかな?」曲を決めた時に思ったのですが、踊っているところを見る機会って、今までありませんでした。春休みに私の実家にたまたま置いてあったバレエのビデオ(白鳥の湖とジゼル)を見せたことがありましたが、舞台の観賞用ビデオと言うよりは踊りの感情表現の解説ビデオという感じで、解説者が出てきて英語でぺらぺらしゃべりだし、舞台の全容が見られなくてちぃには詰まらなかったようです。

 とりあえずビデオをちょっとでも見たのでどんなものかは何となく分かったようですが、今回は生の舞台が見られるチャンス!という気持ちがあって、出かけたのです。

 開場時間の10分前に着くと、もう行列が出来ていました。
「これは最初から親子室だな~」そう思って中へ入ると、親子室がありません
スタッフらしき方に声を掛け、聞いてみましたが、そういう施設はここにはありませんと言われてしまいました。

 仕方なく3階席の空いている場所へ、すぐに席を立てるように座りました。舞台が始まると、ホールは真っ暗普通小さな照明は消えずに薄暗くなるだけだと思ったのですが、隣に座っているちぃの姿も見えないくらい真っ暗になり、子供たち・・・「こわいっ!」
 舞台が始まると舞台が明るいので、いいのですが、一旦幕が閉じると真っ暗なのでなかなか席を立つことも出来ず・・・最初は物珍しさで釘付け、そして一緒に踊っていたゆぅ、だんだん飽きてきたら声を出すようになり、どうしていいか分からなくなりました。それほど大騒ぎになったわけではありませんが、ホール内にゆぅの声がこだまし、手で口をふさげば遊んでもらっていると思って余計声を出す・・・口をふさぐために持っていった飴玉も、ほんの1時間ほど滞在しただけで一袋なくなりました。ちぃに「もう出よう」と言っても「まだ見たい」とがんばるので、暗いこともあってちょっと無理して座り続けてしまいました。前半の舞台が終わる20分くらい前にやっと退席・・・。しばらくロビーのテレビで舞台を見ていましたが、15分の休憩を挟んで開幕のベルが鳴った時、「お子様連れのお客様にお願いです。お子様が騒いだ時は一旦ホールから出て頂きますよう、お願い致します・・・」と場内アナウンスが絶対ゆぅの事だ・・・ごめんなさ~いもう1回中で見たいというちぃを説き伏せて、逃げるように帰ったのでした^^;


 少しだけ舞台の感想・・・子供の頃、友達がバレエを習っていて発表会を見に行ったことがありました。当時は日本人の体型ってあまり美しくないなあと、幼いながらがっかりしたものですが(自分のことを棚に上げてごめんなさい)、今の方達はとってもスタイルも良くて、姿だけでも絵になって、美しかったです。きっと女の子は誰もがそうだと思いますが、私も小さい頃バレエに憧れたことがあり、そんな記憶を思い出しながら見られてとても楽しかったです。(ゆぅが騒ぐまでは・・・^^;) 





 さて、当のちぃがバレエを見てどう感じてくれたのかは分かりませんが、バレリーナを身近に感じてもらえて少しは役に立ってくれたらいいな・・・。

 最近のちぃ、先週のピアノのレッスンから日曜日まで、まともにピアノにさわらず過ごしました
日曜日はさすがの私も

「今日はしっかり練習しようね。今日練習しなかったら一度も練習せずにレッスンに行くことになっちゃうよ!」

 午前中「バレリーナの悲しみ」をほんの少し練習しました。
そして午後はバレエフェスティバルへ。3時半頃車で帰ってくると、ご近所のお友達が遊んでいるのが見えました。
帰ったらピアノの練習をする約束をしていたちぃ、
「ちょっと行ってくる!今日は遊べないって言ってすぐにバイバイしてくるから!」と言って車から降りて飛び出していきました。
 金曜日にケンカ別れしていたお友達だったので仲直りする時間もなくちゃな・・・でも素直に帰ってくるかなあ・・・

 案の定、帰ってきません
まだそんな年頃だから怒れないよなあ・・・そう思いながらきっかけになればと迎えに行きました。
ご近所のお母さんと会うと「ピアノの練習しないと怒られるから帰らなくちゃ!」と言いながら遊んでいたと言われました
 諦めてちぃを置いて帰りました・・・。

 その夜・・・約束だから今日はしっかり練習しなさいとピアノに座らせたちぃ、頭がもう寝ていて何やっているか自分で理解出来ていません
これ以上やらせても無駄と分かり、「もういいから寝なさい」と言うと「やだ~、やる~!教えて~」大泣きです

 毎日こんな感じです。こうして毎日練習にならない日々が続き、そのままレッスンへ。ここ1ヶ月は特にそれがひどくて。

本音を言うと、もう私の方が疲れました。ピアノ、やめたい・・・。
スポンサーサイト
この記事のURL | 娘とピアノ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<追記を折りたたみに | メイン | 学校給食>>
コメント
--
バレエフェスティバル・・しかも入場無料というのがいいですね。o(*^^*)o
「バレリーナの悲しみ」の曲のイメージを作るのにはとてもよいタイミングでしたね。
ちぃちゃんには、きっと何かが残ったと思いますよ。
ホールに親子室が無いのは残念でしたね。親子室があれば、後半も見ることができたのですよね。
多くの会場に親子室が設置されますように・・そう願っています。( ^ ^ )
日本人の体型・・今はきれいになってきましたよね。スケートでも思ってしまいます。

ちぃちゃんもお友達と遊びたい時期ですよね。だけど、ピアノも頑張りたい気持ちもあるのですよね。気持ちがわかるだけにつらいですよね。
大変だと思いますが、na7さん、頑張ってくださいね。o(*^^*)o
続けていれば・・きっとどこかで何かが繋がってゆくと思いますので・・。
2007/06/04 21:57  | URL | sara #ls0kNZmc[ 編集] |  ▲ top

-saraさんへ-
市民芸術祭、今週は地元の交響楽団の演奏があって、それも聴きに行こうと思っていたのですが、親子室がないと分かったので止めました。県のホールには親子室があったので、そちらのイベントを探して行こうと思います。
ちぃ、昨日も結局ピアノはちょっとさわった程度で1日終わってしまいました。そして今日はレッスンです・・・。新しい練習曲が弾けない状態でレッスンに行くの、初めてですv-390コンクールに出るのさえやめれば気軽に向き合えるのに・・・なんで娘がここまでしてコンクールに出たいのか、親の私にはさっぱり分かりません。来年こそ本当に出るのやめようと思います。(ピアノもやめさせたいですけど・・・もう少しがんばります)
2007/06/05 06:03  | URL | na7 #QBKqgwt.[ 編集] |  ▲ top

-一年前の…-
我が家を見ているようです。
子たぬきは、家に帰ってまで友達と遊ぶことに拘らないタイプ(それってどう?とも思いますが^^;)なので、遊び疲れて…ってことは少なかったですが、1年生ってとにかく慣れないことだらけで、疲れちゃうんですよね。
やる気はあれども、ピアノの前に向かっても、ボーッと幽体離脱…宇宙と交信していました。e-275今もかな???
お陰で教本を戻されたのもこの時期…そしてピティナの惨敗!(今年もイマイチですが、去年のビデオ見ると、もっと酷かったです。e-331)秋風吹く頃になって、ようやく練習の形が出来るようになりましたよ。
 2年生になった今も…夜は辛そうです。(あ、昼過ぎもね~)言っている事が、理解できない時もあります。でも…去年よりは格段にマシになりました。
やっぱり…我慢の時期って、あるんだとおもいます。
ちぃちゃんが「続けたい」と言っている間は、静かに見守っていればいと思いますよ。(na7さんのストレスは、痛いほど分かりますけどね。)
 でも…バレリーナv-77のイメージ、きっとちぃちゃんに、焼きついたと思います。
ピアノに向かえない日は、「どんな風に表現したいか?」口で確認しあうのも、いいかもしれないですね♪
2007/06/05 11:20  | URL | 母たぬき #bOurk9sE[ 編集] |  ▲ top

-母たぬきさんへ-
子たぬき君も去年は疲れてピアノを練習するのは大変だったんですね・・・。確かに今のままではピティナに出ても箸にも棒にもかからないだろうと思います。子たぬき君のように秋に盛り返すか、このまま辞めてしまうか・・・^^;今年は申し込みしなければちぃも私もこんな思いをすることはなかったのに・・・と、とても後悔しています。
ところで・・・昨日はアドバイスにならないコメントを残してしまってすみませんでした。素人に何が言えるかと思うとなかなか・・・。でもさすがいらっしゃる皆さんお詳しい方ばかりなので心強いですね。あと数日の集中で、しっかり気持ちを高めてがんばって欲しいなと思っています。
母たぬきさんも一番大変な時にこちらにまで来てくださってありがとうございました。
2007/06/05 11:40  | URL | na7 #QBKqgwt.[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://na7diary.blog95.fc2.com/tb.php/47-b4d5023e
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。