FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
秋休み・・・
- 2007/10/10(Wed) -
 ここには最近思っていることをストレートに書きすぎて、皆さんに引かれちゃったかな~^^;なんて思ったりすることもあります。でも、どうしても書いておきたい事でもあるので、このまま気にせず書かせてもらいますね。

 ちぃは今日まで秋休みです。学校が2学期制となり、夏休みが2日短い分、1学期が終わると短い秋休みがあるんですね。明日から新学期が始まります。



 最近ちぃがポツリと私に言ったことがあります。

「あのね、学校ではね、国語でも算数でも、なんでも全部先生が答えを教えてくれるから、全然(頭を使って)考えることがないんだよ。だから先生の話を聞かない子がいっぱいいるよ。でもね、塾では考えないと答えがわからないの。」

 ちぃとゆぅが通っている塾では、プリントの問題を解き、先生に見てもらって間違っているところは考え直します。考え方やヒントはなかなか教えてもらえません。ああでもない、こうでもないと考え、自分で答えを探すのです。答えが分からない子供は一日中ずっと一つの問題を考え続けたり、次の日に持ち越したり、答えが分かるまで延々と同じ問題を考え続けるのです。ヒントを絶対教えてもらえないっていうわけでもないみたいですが。ちぃも最近分からない問題が出てきて、悩んでいました。初めて自分で解けた時にはとても嬉しくて、「楽しい」と感じたそうです。その喜びが次へと繋がり、大脳への刺激、シナプス形成にも大きく影響していくと分かりました。
(これについてはもっと書きたいことがありますが、未熟な私にはとてもちゃんとまとめられません・・・)

 そういえば5月に行った授業参観で、算数の授業を見てきたのですが、子供達に答えを考えさせるような場面は全くありませんでした。「5たす3は8」という足し算を、アヒルや金魚、子供を使って繰り返し繰り返し、教え込む・・・という感じでした。その時は計算の最初の概念みたいな部分だから、そうやって刷り込み式に教え込むんだなあと思って見ていただけでしたが、ちぃの話を聞く限り、半年経ってもずっと同じような教え方のようです。

ちぃの話を聞いて、「考える」という作業が学校では省略されてしまっていると感じました。でも、勉強で一番大切な部分は「考える」事だと思うのです。

 そして最近流行の塾の形態は「個別指導」。これもかゆいところに手が届く指導と思われているけれど、実は個別指導のいいところをはっきり認識しなければ(いいところってなんだろう?)、安易に「分からない事は聞けばいい」と、「考える」気持ちを無くしてしまう、とても危険な事だと感じています。

 勉強って「みんながイヤなこと。」とか、「無理して勉強なんかしなくても、もっと大切なことがある」とか、「勉強が好きなヤツはおかしい」という風潮が私の子供の頃からあったのですが、本当にそうなのでしょうか。勉強することがタブー視されたような今の風潮、なんなんでしょうか。私自身、今までそんな風潮に縛られていたような気がします。実際大学に入った時に「私は専門の勉強がしたくてここに入ったの。どうして誰も勉強しないの?!」と幻滅した記憶があるというのに。
 勉強を楽しいと感じることは悪いことなのでしょうか?
人間は考えるから人間。勉強は興味や好奇心を満たしてくれる楽しいことであっていいはず。いつから、どこから変わってしまったのでしょう・・・。

 
 本当は初めて参加した塾の勉強会の事を書こうと思っていましたが、あまりに話が大きすぎて、今の私には理解出来ませんでした・・・。

 情けない話ですが、次の課題はまるで雲をつかむような話で、とてもレポートが書けそうもありません。

 今日は図書館で本をいくつか借りてきました。
先生の言いなりになっていては、マインドコントロールされても分からない・・・。知識に対抗するべく、私も勉強しなければ!!!と思いました。

 まとまりがつかなくてすみません。

追記:保存したのはいいけれど、丸1日下書きで保存していました^^;10日に書いたものですが、11日にUPとなりました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 育児のこと | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<娘の絵から | メイン | 地域の運動会>>
コメント
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/10/11 20:08  | | #[ 編集] |  ▲ top

-コメントをくださった方へ-
お話を読ませて頂いて、同じ思いを感じることが出来て本当に嬉しくて、涙が出てしまいました。
今はまだ、ここに書きたいけれど書けない部分というものが私の中にもあります。そんなこともきっとずっと前から気付いていらして、分かっていらっしゃるような気がして、私が進もうとしている道、先に行っていらっしゃるんだなと思うととても心強いです。
やはり子供達が通っている塾でも「まずは親が正しい道を知ること」ということで勉強会が開かれています。
初めての勉強会は、思ってもいなかったことを2時間聞いたので、(1時間は各自レポートの話でしたが)頭がオーバーヒートしてしまいました。
先生のおっしゃることをなるほどと思いながらも、あまりに話が大きすぎて鵜呑みにせざるを得ない自分。それでは新興宗教にすがる信者と何ら変わらなくなってしまうと感じてしまいました。今は先生の言いなりではなく、自分で判断し、前に進めるだけの力が欲しい・・・という思いが大きいのです。それだけ私は何も考えず、何も知らずに過ごしてきたのでしょうね・・・。
次の課題に対するご意見も、本当は伺ってみたい気持ちでいっぱいです。
本当に、本当に、コメントどうもありがとうございました。

2007/10/12 06:19  | URL | na7 #QBKqgwt.[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/10/12 13:57  | | #[ 編集] |  ▲ top

-コメントをくださった方へ-
お返事遅くなってしまってすみませんでした。
今、本当に頭がオーバーヒートしてしまって、機能停止・・・そんな感じなのです。
子供達が通っている塾も、やはり同じようなお考えで、しっかり脳が育った子供は受験勉強なんか必要ないと、きっぱりおっしゃいます。そして、多感な年頃になっても反抗期なんてないと。
まだまだ勉強中の私でさえ、ここにこうして思うことをはっきり書くことはどう思われるか怖いと思います。多分、同じように考える方は今の時代、ごく少数なんだと思うのです。
本、我が家では毎月1、2回図書館で借りてくるのですが、確かに、一度に借りられる15冊では、借りてきたその日に読み終えてしまいます・・・。でも、なかなか買ってあげることも借りに行くこともしてあげていませんでした。次に借りに行くまでの間に何度も読み返しています。学校でも教室の本を読みあさっているようです。学校では1週間に1回、1冊しか借りられないようなので。
色々気付きをくださってありがとうございました。まだまだ私は信念が足りないのですね・・・。
実はこの迷いというか自信のなさが原因で塾の先生ともちょっぴり色々あって、ホント心も機能停止中・・・。来週直接お会いして、お話が出来たらいいな・・・そんな感じなのです。
色々どうもありがとうございました。お近くにいらっしゃったら、どんなに心強いかな・・・。ごめんなさい、今本当にダメみたいです。
もう少ししたらまたがんばりますね。
2007/10/13 10:13  | URL | na7 #QBKqgwt.[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://na7diary.blog95.fc2.com/tb.php/133-4c22071d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。