FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
娘の手紙事件
- 2006/10/26(Thu) -
 娘が幼稚園から帰ってきておやつを食べていると、担任の先生から電話がかかってきました。
(あれ?今日幼稚園に帽子を忘れてきちゃったことかな?)
その程度に思っていたのですが・・・

 年中の時に仲良くなったMちゃんというお友達に、娘がお手紙を渡し、その手紙に「Mちゃん だいきらい」って書いてあったというです。Mちゃんが先生に「こんな手紙をもらった」と渡して事件が発覚。

 真相を探るべく、娘が先生に呼ばれ、話を聞いたところ娘は自分が書いたことを認め、なぜこんな事を書いたのかという質問に「Eちゃんに書けって言われたから・・・」と答えたんだそうです。

 (この時点で聞いている私は2度がっかり。
最近人のせいにした言い訳が目立っていたので、注意していたばかりだったのです)

 先生はEちゃんも呼び出して、娘にそういう手紙を書けと言ったのか聞いたそうです。Eちゃんの返事はNO。(EちゃんはMちゃんがきらいなんだと言う話は前から娘に聞いていたので、娘の話を信じるなら、その話の真相はもしかしたら・・・というところはありますが)

 娘は先生にこんな手紙を自分がもらったらどんな気持ちがするかを諭されて初めて大変なことをしたと思ったらしく、泣いたそうです。

 あとから聞いてみると、娘にとってはちょっとした悪ふざけのつもりだったようでした。先生に諭されたり、先生からうちに電話がかかってきて私が謝っている姿、私がMちゃんやEちゃんのお母さんに電話をかけているその様子を見て、逆にこんなに大変なことをしてしまったとびっくりしたようでした。

 Mちゃんはちょっと個性の強い子で、年中の頃は娘の方が毎日泣かされていました。Mちゃんは娘のことが大好きで、大好きなあまりちょっかいを出し過ぎてしまうという、この時期にありがちの「好きだから意地悪をしてしまう」というタイプ。それでも毎日バスの中でも仲良くしていて、年長になってクラスが変わっても毎日遊んでいたようです。最近娘には他にもっと波長の合う子が出来て、私にMちゃんの話はしなくなっていました。

 幸いMちゃんとEちゃん、どちらのお母さんも「小さい子供のやってることだから~」と、明るく笑ってくださって、大きな問題にはなりませんでしたが、いや~、冷や冷やしました。

 今回、「だいきらい」という手紙を娘がお友達に書いたという事にもかなりびっくりしましたが、もう一つひっかかったのは娘が人のせいにして自分は問題から逃げようとしたこと。

「だって○○ちゃんが言ったから」

最近そういう言い訳、何度も聞きました。
その度に
「じゃあ○○ちゃんにお母さんを包丁で刺せって言われたら言う通り刺すの?(過激すぎたかな?)そんなのおかしいでしょ?それは理由にならないんだよ。いいこと、悪いことは自分で考えられるでしょう?」
そう言ってきました。

5歳の子供にはまだ難しいことなのかなあ。

 人の気持ちを思いやれるやさしい子になって欲しいと願って育ててきたつもりでしたが、それを教えていくことはなかなか大変なようです。
精神的な成長をサポートする事は、身体的な成長をサポートするより難しいことだなあと、実感させられた事件でした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 育児のこと | CM(8) | TB(0) | ▲ top
トイレでウンチ
- 2006/10/24(Tue) -
 こちらは昨日よりも雨と風がひどく、外へ出ることもできません・・・。朝娘を幼稚園バスに乗せるためにちょっと外へ出ただけで体全身びっしょり濡れてしまいました。

 そして寒いです。今年初めてパネルヒーターを付けました。
私、寒いのが一番苦手で、寒くなると途端に動きが鈍くなってしまいます。冬眠する動物と同じ状態です・・・。

 今まで色々意欲的にチャレンジ出来たのは、初夏から夏にかけて暑くなる時期と重なったからかもしれません(;´▽`A``

 これから益々寒くなるかと思うと、少々憂鬱になる季節です。

 さて、今日は1歳3ヶ月になった息子の話です。

いつ頃からか覚えていませんが、「トイレ」「おしっこ」「うんち」という言葉に反応して、「ち~ととん」と言うようになりました。
(お食事中の方、すみません)
私がトイレに行くだけで「ち~ととん」と言ってトイレまで付いてくる時期なので、とりあえずトイレ好きにしておこうと、ズボンのままで補助便座に乗せて遊んだりしてました。

 すると、そのうち「ち~ととん」と言って紙パンツをさわることが1日何度か出てきました。
「おしっこでたのかな~?本当にそれが分かるようになってくれたらいいな~」
と、なんにもしないで漠然と思っていました。
ところが今度は「ち~ととん」と言ったかと思うとうなりだすようになり、
これはトイレでウンチ出来るかな?!とふざけ半分で補助便座に座らせたら、出たんです!ウンチが!
座らせた私の方がびっくりしました。

一度の成功に気をよくして、今日で3度目の成功です。

上の子の時にはトイレトレーニングは保育園任せで私は一切何もやりませんでした(;´▽`A``
家では娘が自分から紙パンツを嫌がるようになるまで履かせていたんです。
二人目はトイレトレーニングどうしよう?とは思ってました。
周りの友達がみんな
「必死にやっても取れないけど、時期が来れば3日で取れるようになるから焦ることはない」って言ってたな~。まあ、幼稚園入るまでに取れればいいかあ。
その程度にしか思ってなかったので、戸惑っています。
1歳3ヶ月じゃあ単なる偶然かなあ。
まあ、焦らず楽しく気楽にこんなのを続けてみたいと思います。

10月25日追記

気が付いたら今日まで下書きのまま保存してました・・・
失礼しました(;´▽`A``

今日はおしっこも成功してしまいました。
びっくりです。
この記事のURL | 育児のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お散歩
- 2006/10/09(Mon) -
今日の午後は近くにある県の総合運動公園にお散歩に行きました。
ここは26年前にあった国体の為に作った公園で、野球場が3個、テニスコートが10面くらい?、陸上競技場、サッカーグラウンド、体育館、プールに相撲の土俵まである広い敷地に噴水の公園や日本庭園、遊園地もあり、休日はたくさんの人でにぎわいます。

20061009223126.jpg

これはトチノキ。県の木です。落葉樹なので落ち葉がいっぱいで、清掃の方があちこちで落ち葉を集めてはトラックに積んでいました。私も今度ここに落ち葉を拾いに来ようと思いました。いっぱい集めて腐葉土が作れそうです(* ̄∇ ̄*)

 ここに来た本当の目的は、やっぱり自転車。
広~い敷地なので、車を気にせず思う存分好きなところを走ってもらいました^^
走れば走るほどしっかりしてくるみたいです。
調子に乗ってスピードを出すようになり、急にバランスを崩して転びそうになることもしばしば。
きっとこれからの方がケガしそうです・・・。
やはり何組か自転車の練習に来ている親子がいて、娘はそんな練習風景が気になって&得意げに、近づいては離れつつ、公園中を走り回ってました。私は三輪車に乗った息子を押してそのあとを追いかけました。
1時間半、ほとんど歩き続けて、母が一番疲れました~。
この記事のURL | 育児のこと | CM(4) | TB(0) | ▲ top
自転車乗れた!
- 2006/10/07(Sat) -
 お散歩の目的は自転車。
娘が今日も乗りたいとせがんだからです。
息子を三輪車に乗せて、車の来ないところをふらふらと歩いていたら、娘が
「見てみて~!ちょっとだけペダルに足を乗せて進んだよ!」
「え~っ?見てなかった~!」

何度もそんなことを繰り返すので、ちょっとやらせてみようかな?と、広い場所でこがせてみることにしました。

 運良く今日は土曜日。近所の個人病院が午後休診で、駐車場が使える!
ちょっと足を伸ばせば運動公園もあるけれど、これから歩いていくのは面倒だな~と思い、アスファルト敷きだけどそこでやることにしました。

 「じゃあ、ペダルに足を乗せて、もう片方で蹴りながらペダルを踏んで進んでごらん。蹴る足は少し勢い付けてね。」

 最初は後ろから押してあげましたが、意外とすい~っと進んだので、
次からは一人でやらせてみました。

 本人もびっくりするくらいすいすいこいでいけたので、あっという間に直線は走れるようになりました!

帰り道・・・
20061007230611.jpg


 まだまだ肩に力が入っていて、後ろから見ていると恐いんですけど、本人はご機嫌です。倒れ方も上手になって、一人で自転車も起こせるようになりました。
運動はイケてない方だと思っていた娘が、意外と親より器用かも・・・???と思った出来事でした(⌒▽⌒)

ただの親バカですけど~(○゜ε^○)

この記事のURL | 育児のこと | CM(6) | TB(0) | ▲ top
自転車の教え方で意見が対立
- 2006/10/03(Tue) -
 週末夫が家に帰ってきた時のことです。
娘はお父さんに自転車の練習をしているところを見せたくて、
「自転車出して~!」とせがんで外に出ようとしているのに、夫は買い物に行きたくて「ひとりで留守番してろ」なんてかわいそうなことを言って娘を傷つけてしまいました。
今までの経緯を話して「おとうさんにがんばっているところを見せたかったんだと思うよ」と娘の気持ちを代弁して、やっと夫も理解したらしく、出かけるのをやめて娘の自転車に少し付き合ってくれました。

 ところが、今度は娘の姿を見て「スカートなんか履いてちゃダメだ!」「なんでこんなにサドルが低いんだ、こんなんじゃダメだ!」
と、ダメ出しばかり。

 夫曰わく「自転車はスピード出してペダルを漕がせて、後ろで支えている手を途中で放すのが一番!」

 あの~、お言葉ですが、娘の段階はまだそんなものじゃなく、バランスとる練習してるんですけど・・・。

「そんなことやってたらいつまでたっても乗れないぞ!ほら、行くぞ、思いっきり漕げ!」

 ハンドルをぐらぐら揺らしながら、娘は自転車を後ろから押されて連れて行かれちゃいました・・・。

 さすがに不安定なのが分かったらしく、支えている手を放すことはしなかったようですが、休日ご近所の方が庭仕事をしているそばであやうく喧嘩になるところでした。

 スパルタすることも時には必要かもしれないけれど、その子に合ったやり方っていうのも、あると思うんですけどね・・・。あの子に今恐怖心を先に植え付けたら、きっともう自転車乗らないって言うんじゃないかって、ハラハラしてました。

 運良く(?)娘は派手に転んだり恐い目にあったりはしなかったようで、今日も楽しく自転車を転がしてました。ずいぶん自在に自転車を操れるようになってきました。自信がついてきたみたいです。
もう少ししたら、近くにある坂道に連れて行ってちょっとずつ下らせてみようかと思ってるんです。歩行者と自転車専用の緩やかな坂道があるので。バランスをとって両足を上げて走る感覚、それで分かるといいな~って期待してます。
この記事のURL | 育児のこと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
宿題の答えは?
- 2006/10/02(Mon) -
 最近、娘のピアノの先生が宿題を出すようになりました。娘はそれが大好きで、いつも楽しみにしています。
最初は音符、ほとんど読めなかったんですが、その宿題をやるようになってから、3回目の宿題からはほとんど自分一人で音符を読んで、宿題を完成させるようになりました。

 今回4回目の宿題はこれ。
20061002224005.jpg

○の中に音を書き込んで、書いてある番号順に線を引いていくと何かの形が現れる・・・というもの。最初は簡単な形でしたが、だんだん音の数が増えてきて、形も複雑になってきました。

 今回の形、なんだか分からないんですけど、これ、何に見えますか?
娘とは「ライオンかなあ?」という話になったのですが、なんか違う気がします。そこで皆様に見て頂こうかと・・・。答えが分からないと宿題完成しないって言うワケじゃあないんですけど、すご~く気になって(笑)

どなたか分かった方、教えてくださいっ!
この記事のURL | 娘とピアノ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。